IPCC WG1国内支援事務局について

 文部科学省では、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第1作業部会(WG1)の作成する評価報告書に貢献するため、2003年度(平成15年度)にIPCC WG1国内支援事務局(以下、「支援事務局」と称す。)を整備しました。この支援事務局は、IPCC WG1の担当分野(自然科学的根拠)に関連する温暖化予測及び気候変動研究を行っている我が国の研究機関及び研究者間の連携・協力の促進を目的に運営しています。

 支援事務局の設置当初より、IPCC WG1における評価報告書の主執筆者(LA)、査読編集者 (RE)などの執筆陣をはじめ、国内の研究機関・大学等の関連分野の専門家がメンバーとなったIPCC WG1 国内幹事会が設けられています。この幹事会は、IPCC第4次評価報告書(AR4)及び第5次評価報告書(AR5)の作成において、IPCC WG1の担当分野に関するメンバー間およびWG1を担当する文部科学省と気象庁との情報共有及び意見交換の場としての役割を担っています。また、IPCC活動に関する我が国全体の情報共有・意見交換の場として、第2作業部会(WG2)、第3作業部会(WG3)も含めた国内執筆者等から構成されるIPCC国内連絡会が発足され、支援事務局は、国内連絡会の開催支援・協力も行っています。

IPCC WG1国内支援事務局:
一般財団法人日本気象協会
〒170-6055 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 55F

IPCC WG1国内幹事会メンバーリスト(五十音順・敬称略:全22名)

代表
住 明正すみ あきまさ 東京大学 国際高等研究所
サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S) 特任教授
東京大学 名誉教授
幹事
青木 茂あおき しげる
(AR5 WG1 3章 LA)
北海道大学 低温科学研究所 准教授
東 久美子あずま くみこ 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 教授
阿部 彩子あべ あやこ
(AR5 WG1 5章 LA)
東京大学 大気海洋研究所 教授
江守 正多えもり せいた
(AR5 WG1 9章 LA)
国立研究開発法人 国立環境研究所 地球環境研究センター
気候変動リスク評価研究室 室長
河宮 未知生かわみや みちお 国立研究開発法人 海洋研究開発機構
統合的気候変動予測研究分野 分野長
鬼頭 昭雄きとう あきお
(AR5 WG1 14章 LA)
一般財団法人気象業務支援センター 地球環境・気候研究推進室長
木本 昌秀きもと まさひで
(AR5 WG1 11章 LA)
東京大学 大気海洋研究所 副所長・教授
近藤 洋輝こんどう ひろき 一般財団法人 リモート・センシング技術センター 参与
近藤 豊こんどう ゆたか
(AR5 WG1 7章 LA)
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
国立極地研究所 特任教授
高薮 出たかやぶ いづる 気象庁 気象研究所 環境・応用気象研究部 部長
竹村 俊彦たけむら としひこ
(AR5 WG1 8章 LA)
九州大学 応用力学研究所 気候変動科学分野 教授
筒井 純一つつい じゅんいち 一般財団法人 電力中央研究所 環境科学研究所 副研究参事
仲江川 敏之なかえがわ としゆき 気象庁 気象研究所 気候研究部 第五研究室 室長
中北 英一なかきた えいいち 京都大学 防災研究所 教授
中島 映至なかじま てるゆき
(AR5 WG1 8章 LA)
国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 第一宇宙技術部門
地球観測研究センター センター長
野沢 徹のざわ とおる 岡山大学大学院 自然科学研究科 地球科学専攻 教授
野尻 幸宏のじり ゆきひろ
(AR5 WG1 3章 RE)
弘前大学大学院 理工学研究科 教授
花輪 公雄はなわ きみお 東北大学 理事
安岡 善文やすおか よしふみ 東京大学 名誉教授
安成 哲三やすなり てつぞう
(AR5 WG1 10章 RE)
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 所長
渡部 雅浩わたなべ まさひろ 東京大学 大気海洋研究所 教授